アーユルヴェーダオイル

インドから伝わる、アーユルヴェーダ・オイルについて調べています。

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた
「生命科学」という意味で、五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。

その医学体系を私たちの生活にも取り入れやすい形にした健康法がアーユルヴェーダです。
瞑想やヨガ、オイルマッサージ、呼吸法、ハーブを用いた食事療法などで、
毎日の生活に取り入れて、病気を予防し、心と体の健康を保つことを目的としています。

難しい話はやめにして(!)、
アーユルヴェーダといえば思い出すのが、眉にオイル垂らしてマッサージ受けるあの写真だと思うのですが、
あれをしてもらったあと、髪の毛がべったりでビックリした。

そらね、、
髪の毛乾燥してるからいいんだけど、それにしてもしっとりしすぎ、というか、
べたべたで、、、、嫌な感じはしないけど、慣れないからまいったなー。

慣れてきたらいいのでしょう。

あの思い出しかないけど、オイルの配合は置くが深いし、
習うとなると高かったりする。
だからすごいんでしょう(!)。

マッサージは好きだけど、あのシロダーラはちょっと考えてしまうな。

このブログ記事について

このページは、ひなが2017年12月 1日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あゆ、かわいそう」です。

次のブログ記事は「何かいい手はないものか。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク