看護師さんの若気の至り

看護師さんの両親にも元旦那の両親にも了解を得て、たった3ヶ月しか付き合いのない夫婦は誕生した。(その時訪問入浴の看護師をしていたみたいです。)束縛がひどいとわかっていても、どこかで嫌だと思っていても。仕事している時に解放感を感じていても、他の男の人の方が良く見えていても。婚姻届を出すときに携帯ゲームでずっと遊んでいる元旦那に嫌気がさしても、それでも看護師さんは元旦那と入籍した。この先に何が待っているのかなんて充分に想像がついたはずなのに、そんなことなんて考えもせずに勢いで流されて簡単に入籍してしまった。当時は周りに離婚した人なんていなかったそうだ、今となっては周りにも数人離婚経験者がいるという看護師さんだがそれが普通ではないということに気付いたのは最近だったそうだ。若気の至りという言葉もあるように若いうちは勢いや周りに流されてしまうこともある、今が良ければそれでいいのが若さというものでもある。なんとでもなる、なんとかするというのはいくつになっても考えとしては大事でもあるけれど。皆そうやって若かりし頃にはやりすぎたことも後悔することも、取り返しのつかないようなことだって何かしらある。看護師さんは今、その若気の至りから早く開放されるべく新しい人生を歩もうとしている。

このブログ記事について

このページは、ひなが2015年9月30日 12:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ついに求人!」です。

次のブログ記事は「マスク着用と医師に言われて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク