薬剤師の彼にプロポーズされました

昨日珍しく夜遅くに彼氏が会いたいと言ってきたので、何事かとおもいつつ部屋に招いたら、プロポーズされました!
突然のことでびっくりして、一瞬ぽかんとしてしまったんですが、意味がわかると号泣してしまいました・・・。
今思い出すと恥ずかしいんですが、でも彼氏の気持ちがとても嬉しかったんです。
彼氏は病院に勤めている薬剤師で、今のところ転勤などの可能性もないので、これからもずっとここで暮らせるみたいです。
少し前まではパートの薬剤師だったことを思うと今はしっかりしてると思います。
新居を探すことも考えたのですが、ひとまずは彼氏の家で同棲することになりました。
結婚式などはなく、籍だけいれる感じで。
今度、私の両親に挨拶に行くことになりました。
父は結構相手の職業にうるさい人間なんですが、彼氏は薬剤師なのでおそらく大丈夫だろうと思います。
なぜか、理系の人間が好きなんですよね。
特に医師や薬剤師などの医療系の人は大歓迎してくれるかと思います。
母は私が選んだ人なので、賛成してくれるかな。
それ行ったら、彼氏は薬剤師になってよかったと笑ってました。
挨拶は今週末に行く予定なので、菓子折りなどの準備を明日しないと。
今日両親に連絡をいれましたが、母の様子だとなんとなく察しているような気がします。
ちょっと緊張してきました・・・。

このブログ記事について

このページは、ひなが2014年2月17日 16:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体調不良がおそってきた...」です。

次のブログ記事は「転職先、あるようでない、ないようである」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク