病棟とは全く違う!オペ室看護師の仕事内容って?

「手術」と聞くと、執刀医がスポットライトを浴びることが多いですが
実はオペ室の看護師の役割というのはとっても重要なんです。
看護師なくしてオペは進まない!と言っても過言ではありません。

オペ室のナースの仕事内容は「器械だし」と「外回り」の2つに分類されます。
「器械だし」はイメージしやすいですよね。
オペで使う器械を前もって準備し、医師に器械を渡します。
でも、医師に「メス」と言われてからメスを探して渡す...なんてことを実際のオペでやっていたら話になりません。
次にどの器械を使うかを察知して、適切な器械を医師に渡さなければなりません。
オペの流れを把握しておかなければ出来ませんし、
執刀するドクターとの意思疎通も重要です。

「外回り」はオペ室勤務のナース独特の業務かもしれませんね。
看護記録オペ中に急きょ必要になった器具の準備や、
器械やガーゼがオペ前と数があっているか、患者さんの体内に万が一にも置き忘れていないかなどを確認します。
また、全身麻酔の患者さんの体位が適切な状態に保たれているかを確認したり、
局部麻酔の場合は、患者さんが不安がらないように声をかける、
痛いのに我慢している場合は速やかに医師に伝える、なども重要な仕事です。

オペ室勤務の看護師は、病棟以上に精神的、体力的なタフさが求められることが多いです。
万が一のことがあっても、気持ちを切り替えてオペをこなさなければなりません。

でも、オペ室の看護師の経験は、今後のキャリア形成に非常に大きな価値をもつものと考えていいでしょう。
病棟勤務とは仕事内容が全く違い、専門性が高いものになるので、新たな分野での知識と経験を得られるからです。
もし、オペ室での勤務に興味はあるけれども、異動が難しい、転職してもいい、と考えている方がいたら、看護師に特化した人材紹介会社などで話を聞いてみると良いと思います。

このブログ記事について

このページは、ひなが2013年10月15日 14:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日は手抜き&手抜きです」です。

次のブログ記事は「kango」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク