2013年10月アーカイブ

看護師、責任重大な仕事

オーストラリア、本当にとってもあこがれているんですよね。

大自然の中野生の動物たちとたわむれることができたらどれだけ楽しい時間を過ごせるか。

そういう大きな大きな夢を毎日見ていると看護師という過酷な仕事もなんとかがんばれるんですよね。

私の働いている病院では結構毎日忙しくて仕事が終わるころにはかなりバテバテなんです。

それでも自分の大きな夢のためだと思うとがんばれる。

夢を持って仕事をしているっていうのはいいことですねぇ。

最近つくづく実感しています。

もしも何も目標なくダラダラと働いていたら...きっともう看護師の仕事は辞めていただろうな...。

看護師ってやりがいのある仕事ではあるけどかなり責任重大でもあるんだよね。

あと数年したら保健師に転職しようと考えています。

義姉が保健師として働いていて、話を聞いているうちに私も・・・って考えになってきた。

保健師の資格は学生時代に取っているので、ホントに良かったと思っている。

当時はなんとなく一緒に取ったんだけど・・・。

kango

「手術」と聞くと、執刀医がスポットライトを浴びることが多いですが
実はオペ室の看護師の役割というのはとっても重要なんです。
看護師なくしてオペは進まない!と言っても過言ではありません。

オペ室のナースの仕事内容は「器械だし」と「外回り」の2つに分類されます。
「器械だし」はイメージしやすいですよね。
オペで使う器械を前もって準備し、医師に器械を渡します。
でも、医師に「メス」と言われてからメスを探して渡す...なんてことを実際のオペでやっていたら話になりません。
次にどの器械を使うかを察知して、適切な器械を医師に渡さなければなりません。
オペの流れを把握しておかなければ出来ませんし、
執刀するドクターとの意思疎通も重要です。

「外回り」はオペ室勤務のナース独特の業務かもしれませんね。
看護記録オペ中に急きょ必要になった器具の準備や、
器械やガーゼがオペ前と数があっているか、患者さんの体内に万が一にも置き忘れていないかなどを確認します。
また、全身麻酔の患者さんの体位が適切な状態に保たれているかを確認したり、
局部麻酔の場合は、患者さんが不安がらないように声をかける、
痛いのに我慢している場合は速やかに医師に伝える、なども重要な仕事です。

オペ室勤務の看護師は、病棟以上に精神的、体力的なタフさが求められることが多いです。
万が一のことがあっても、気持ちを切り替えてオペをこなさなければなりません。

でも、オペ室の看護師の経験は、今後のキャリア形成に非常に大きな価値をもつものと考えていいでしょう。
病棟勤務とは仕事内容が全く違い、専門性が高いものになるので、新たな分野での知識と経験を得られるからです。
もし、オペ室での勤務に興味はあるけれども、異動が難しい、転職してもいい、と考えている方がいたら、看護師に特化した人材紹介会社などで話を聞いてみると良いと思います。

今日は手抜き&手抜きです

今日のお昼ご飯はかな~り手抜きをしてしまいました。
本当はご飯を炊いて、野菜たっぷりのエビチャーハンでも作ろうかな?と思っていたんですよね。
でも思ったよりも買い物と銀行での用事に時間が掛かってしまって、帰って来た時には14時を過ぎてしまっていました。
いい加減娘もお腹ペコペコの顔をしているし、勿論私もお腹がグーグー鳴っているしで、とてもじゃないけれどご飯が炊けるのを待てない状態でした。
それで早くて簡単に出来るものを~と考えて、アメリカンドックになりました。

アメリカンドックは市販品も売っていますが、このくらいなら我が家でも手作りします。
勿論アメリカンドックに使う生地は手作りではなく、ホットケーキミックスを使って簡単に、ですけどね。
(でもホットケーキミックスの方が美味しいんですよね)
家庭で揚げるので大きなソーセージだと扱いづらいため小さな普通のウインナーを使います。
普通のウインナーに爪楊枝を刺して、ホットケーキミックスの生地にくぐらせてカラリと揚げるだけです。
小さくて可愛いミニミニアメリカンドッグの出来上がりですね。
子供は大きな普通のアメリカンドッグだと食べ切れずに残すのですが、このミニミニアメリカンドッグだと何故か沢山食べてくれます。
私も普通のアメリカンドッグよりも、なんだかこっちの方がおいしいように感じるかな?
このアメリカンドッグとレンジで作れるフライドチキン、それとミニトマトとキュウリのサラダ・・・と言う、超手抜きメニューが本日のお昼ご飯となりました。
ちょっとおやつのようなご飯になってしまいましたが、ま、たまにはこんな日もあって良いですよね!

そして本日のおやつも超手抜きしました。
プレーンヨーグルトにレーズンを混ぜただけ・・・です。
手抜きと言うレベルじゃぁないですよね(笑)。
でもヨーグルトとレーズンの組み合わせは娘もお気に入りなので喜んで食べてくれました。
レーズンが甘いので、たっぷり入れればプレーンヨーグルトでも砂糖がいらないんですよね。
子供には糖分も必要ですがやはり取り過ぎもどうかと思うので、このレーズンをもっと色々と活用してみようかな?と思っています。

ちなみに毎日レーズンを食べるようになったら気のせいかお肌がツヤツヤして来たんですよね。
手触りもツルツルとして良い感じです。
勿論便秘症もすっかり良くなって毎日快便ですし、やっぱり美容にはドライフルーツは最適みたいですね。
レーズンをちょこちょこつまんでいれば夜食もいらないですし、これでもう太る心配はしなくて良さそうです。

プラセンタ化粧品 プラセンタの効果を実感するならミックコスモ|プラセンタ化粧品を多数販売

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク