医師の転職・働き方をまとめてみた

医師による転職希望者は多い現状となりますが、その転職にあたり、医師それぞれによるコンセプトが考えられるわけですが、このコンセプトをもとに転職を果たすためには、やはり医療機関を知るという事が非常に重要です。
例えば、労働条件の良い環境の望むという医師もいれば、収入のよい環境へという医師もいる、尚且つスキルを高める環境を望むという医師もおり、医師それぞれに於けるコンセプト通りの転職を果たすなら、医療機関を知る事から始める事が大切という事なのです。

例えば、大規模な病院の場合なら、勤務のローテーションや診療システム等が既に確立されていますから、勤務日数及び、休暇もしくは当直などの待遇面における問題で、医師自体がこの病院のシステムに合わせて対応、勤務できるか?という問題が生じ、それにおける自身の考え方が大きなポイントとなります。
またこうした大きな病院等では、専門性の高い医師は歓迎され、尚且つ臨床経験を積むための転職や症例研究を目指す医師には、適する場所とも言えますから、こうした希望の元、転職を果たす場合は、大きな病院への転職も検討すべきではないかと思います。また、最近では海外勤務を希望する医師の方が増えてきているように、医師の働き方も多様化してきています。

又中小規模の病院ならどうか?といえば、こうした環境には、医師の専門性を突き詰めるというよりも、多くの患者さんに相互的に携わる機会が多い事から、幅広い診療業務をこなすという医師が求められる傾向にあります。
もちろんその傾向として言えるのが、都心等ではなく地方に行くほど、その傾向は強まり、外来診療もしくは、病棟管理等も考えられますが、それだけではなく健康診断や人間ドック等のあらゆる面の活躍が期待される事となりますから、地域のかかりつけ医という存在を目指す医師にとっては、中小規模の病院への転職を検討すべきかと思います。

そもそも今医師に求められる医師像とは、医療関連制度の改革や整備が進む中、医師自身も医療の第一線を担うためにも目指すべき医師像をきちんと認識することも重要で、医師が求められる姿であるとか、それぞれの環境に適応している医療活動を医師自身が意識することも重要だと考えます。

転職する医師は非常に増えているのが現実ですが、医師自身が考えるコンセプト通りの環境を求めるには、各医療機関の実態を知り、求められる医師像というもの医師自身がクリアにして、意識していく事も重要だと考えます。
各医療機関では、やはり医療における求められる医師の資質は、異なる事となりますから、転職をするにあたりそうした事を意識される事も必要なのではないでしょうか。

このブログ記事について

このページは、ひなが2013年6月25日 15:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏前に夏ばて状態の看護師」です。

次のブログ記事は「夢を持つことの大切さ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク