大きなルドラクシャ

とても大きなルドラクシャを見せてもらいました。
こんな大きなのは見た事がないってくらい。
では、この大きなルドラクシャでどんなものが出来るのか、と、相談されまして。
2人でネットで見てみることにしたのです。

大きなものではやはりペンダントでした。
大きいので、1粒だけ使ったものが多かったですねー。
上と下にアクセサリーのパーツを入れて、ペンダントトップの出来上がりー!みたいな。
シンプルな方が恰好いいです、なにせルドラクシャですし。
真正な者ってイメージでしょ?
あまりモダンになってはいけないし、シンプルな方がご利益がある気がするのです。

さて、友人もペンダントを作る気でいるらしい。
どんなものが出来るのか楽しみです。

今ってアクセサリーのパーツがすぐに手に入るので、素人でも出来てしまうのですねー。
すごいなー。

もし店頭に大きなルドラクシャがあったら、それは友人のかもしれません笑(
占いか・・・)

ビーズを通す針

毛糸などを貼りにさす時にイライラした事はないですか?
私はあります。
なので、少し(いや、少しじゃなくてもいい)穴の大きい針を探しに町まで行かなくては。
穴の大きめの針を買いに行く、なんてめったにあるもんじゃないな、、むふふ(なんだそれ)。

針の穴が大きいとストレスないけど、買いに行くのは面倒なものだ。
通販(言い方が古い!)で買えたらいいけど、でも信用できないので自分の目で見て買おう。

信用できない、とは、
今までいろいろなものを買ったけど、色合いhが違ったり、イメージが違ったり、
写真ってすごいな、って思う事も多かったし、
大きさも、そりゃサイズってのは載ってるけど、なんか違うんだよね、

数字だけのサイズでは分かりにくいって事も分かったのだ、
だからちゃんと自分の目で確かめたいの。
お店があれば、ですけど。

毛糸だって通販(だから!)で買うのとじかに見て買うのとでは違いますからね。

こんなことでもないと町にも出かけなくなったし、まーいいだろう。
ということで、穴の大きな針を探しに町に行ってきまーす。
どうして宣言するかって、時々目的を忘れてただふらふらし、
何も買わずに帰ってくることがあるからです。

忙しいのでね、そんな無駄なことしたくないのだ。
(だったら通販で買え??)

くるくる・・

パソコンで、サイトを開こうとすると「くるくる・くるくる・・」と回る、、、例のあれ。
知らない人はラッキーです。
私のパソコンはこれが多い。すごーく遅い時があります。
今日もそうです、今これを書いてる間にも、ウインドウズ(!)の他のページではあるサイトを開こうと必死。
でも開かない。
そのサイトは特に遅いのだ。
いっかいクレームつけてやろうとも思うが、いや待てよ、
「それはあなたのパソコンがおあkしいのです」で終わりだ、、あはは。

そう、このパソコン、もうそろそろやばい。
買い替えたいけど、そんなお金も時間もないのであった。
宝くじにでもあたれば・・と思うが、買ってもいないのにあたるわけもなく。

お金、、落ちてないかな、、と思うが、外を歩かないのに押してても披露ことすらできない。

こうだったらいいな、などと思わず、働くしかない。
いやー、しっかし「くるくる」はイラだつね。見たくない。
でもあれは「今、やってるよー」のアイズなのだ。
コンピューターも頑張っているのだな、、はは。

あ、やっと終わったらしい。ふーー、長かった。
こんな記事が書けちゃうくらいだ笑

くるくる、、お疲れ様、、、明日も頑張ってね(えーーー?)。

こんな症状があるのにまだ使ってる私もどうかしてるね、くるくるぱーだ。
でももうしばらくこれでいくぞーー。
何を買えばいいのかもわからないしー。

検品

いろいろな製品が届く、または届けるとして、その数が膨大で細かくて
種類も多いとなると検品が大変です。
相手はかなり細かい人なので何度も検品、そりゃーー疲れた。
一回やっておけばあとは楽なので頑張りましたよ。

相手の人がやってくれたらいいんだけどね、、送る側としては後で数が合わないなんてのも困るので、
なんとかきっちりやりました。
これでもクレームが出たらもう「すみません!」です。
送る過程では何も起こらないはずですので、落ち度はこちらにあるんでしょうね。
写真まで撮りましたよ、、、あー大変。

何もない事を祈ります。

こういう検品作業って好きなのですが、時間かけて時間給でお金がもらえるなら、だ。
そうじゃないからすごい余計時間かけて(!)、そしてお金になってない、、
でも将来的な信用問題になるのでそこはね。頑張るしかない。

検品かー、、、こういうことばかりする職業もあるよねー。
何、っていわれてると分からないけど。
とにかく、目とか腰とか疲れる作業でした。
しばらくは解放だ!やった!
もうやりたくない。。。

リアクションがない

恋人同士や夫婦の間でなんとなく亀裂が入ってくる過程のなかの原因の1つには、
・リアクションがない
というのもあるようです。
話しかけても反応がないとか、嬉しい事があっても一緒に喜んでくれないとか。

独り言にも無視、、とか(でも独り言にいちいち答えていられない場合もあるよね)。
そういうことで亀裂が入ってくるんですって。そうかもですねー。

日本の場合はこのほかにも、奥さんの実家依存。
これ、じっさいに友人でありました。
しょっちゅう実家にいりびたっていて、その後離婚。
これだけが原因ではないかもですが、大きな原因になってた、、、。
実家が近くにあるってよくないのかもです。心強いけど。

なんたって実家が楽なわけです。
核家族になっても、休みは子供を連れて、またはひとりでも実家に行きたくなるもの。
すごい理解できます。
親は親で「いつでも帰っておいで」状態だと余計です。
いたせりつくせりですからねー。上げ膳据え膳だし。
でもそれで夫婦の仲がおかしくなるのは困るし、ちゃんと考えて行動、
そして話し合い、、、そしたら離婚なんてないのではないかな。

リアクションはしましょう^^!大事ですね。

穴が2つ?

ルドラクシャという、菩提樹の実が好きでいろいろ見ています。
そしたらね、「穴が2つあるのもあります」って。。
どういうことだろう?
2つも穴を開けてしまったってことだよね?
ハッキリ言ってそれって・・・「失敗作」ってことだよね笑?
それも販売しちゃってるところが面白い。ネパールの菩提樹の実でした。
ネパール人かな???穴あけちゃったの笑

穴が2つは論外だけど(あけてしまったら自分で使う笑)、
穴が開いてないと何かに使用しづらい、なのでたいては貫通穴が開いてます。
それでアクセサリーを作るんですもんね。
穴が2つあったらボタンにでもしよう、うん。

そこまで正直に書いてしまってる人に、なんだか好感がモテます。
合ってみたい子すらする、、、あはは。

さてそんなルドラクシャですが、本当にいろいろありまして、まずは本物であることが大前提なのですが、
その「本物である」かどうかはもう信用するかしないか、だけなのです。
そのお店が信用できる店かどうかはあなたの決めること。
いっけん信用出来なさそうなお店や人でも、実はそここそが本物なのかもです。
信じるか信じないかは、あなた次第なのだ。

ペライチ

ペライチで作ったホームページを見てほしいと言われて、、
うーん、、、あれってよく分かってないなー。
でも頑張ろう。

私が以前聞いたペライチの活用法はずばり、広告、、、。
ホームページなのだから広告なのは当たり前?
いえいえ、ずばり、広告ページ、、、のみ、の事です。
余分なものがない、pdfみたいなものですね。

なのであれでホームページが出来るなんて、、、って思ったくらいですが、
出来たのを見ると綺麗に出来てました。

なんだけっこうキレイに出来るものだなって思ったものです。
一枚のものなので、そのなかに「問い合わせ」というのはあっても、
他のページはないってものですね。

それでもあれで集客出来るとされているので、、ようはやり方次第なのでしょう。

なにを相談したいのかもわからないので、質問されたことに答える形式にはなりますが、
何を聞かれてもいいようにしておきたい。

それでぺらいちについて調べています。
なんかもーーーこんなことしてる暇ないんですけどーー、って感じです、、、はい。

麻薬かい!?

ある登山家が、酸素ボンベは麻薬みたいだ、ってちょっと不謹慎な事言ってました。
もちろん冗談です、登山中の酸素ボンベは頭がすっきりしてやめられない、って意味みたい。

フジさんでも使う人がいるくらいで、それくらい高い山になると酸素が薄くなって危険なんでしょう。
もちろん小さいのですけど。

エベレストに昇るぇ沖はもっと大きなもので、1日かけて昇るのに途中でなくならないような
容量の大きいものを持っていますね、、映画で見ました。
あれを吸うと気持ちいいのか・・笑
まさしく麻薬みたいなものなのかもです。

酸素でいえば、酸素水というのもあるようです、今はこのほかにも酸素タブレットというのもあります。
食べるとスッキリするのかな?これもヤバそうなものですねー。
なんでもあるんだね、酸素ものって。

文字通り空気みたいな存在ですが、なかったら死ぬんだな、、、酸素・・様様です。

さて、その酸素ボンベ、、なな、なんと、これが山で盗難にあうそうなんです。
許せないですねー。
名前書いておかなくちゃ!

って冗談言ってる場合じゃないんですよね、だってこれって登山者の命に係わることですし。
人のボンベを盗んで自分は気持ちよくなっても、他の人は死ぬんです。
なんてことだ!

山派、登山するために登山上(入山料)を取っています。
安くないんです。
だから、なんとしてでも登頂したいって思うし、それが目的で夢なのです。
それが、盗まれてしまったがために出来なくなった、なんてめちゃくちゃ悲しい。
どこでもダメですけど、山で酸素ボンベ盗むのはやめてーーーー!
必死のお願いです。麻薬なんですーー。

王室の美しさ

別に各国の王室のプリンスやプリンセスは美しくなくてもいいのだ。
でも基本とかそういうものはある、どうしてもこれはぬぐいきれないし、
ぬぐう必要もないしね。

でも一般的に「美男」「美女」である必要もない。
でも、、綺麗なんですよねー。

グレース・ケリーの子孫は本当に美しいと思うし、血はないけど、
イギリスのキャサリン妃もとってもきれいです。
そして気品もある。
メーガンさんだってあると思いますよ。

あの基本というのは生まれ持ったものってよりは、環境がそうしてるんでしょう。
いいものに囲まれ、良い暮らしをしていたら自然にあーなっていくのだと思う。
だから貧乏人が時々必死に頑張ってもボロが出るのだ。
分かる人には分かるのだ。

王室は美しくも基本がある。
日本の皇室はどうだ???
、、、、ここで名言するのはやめよう。。。。

気品はあるんじゃないかー???

とううことで、世界の王室のことってよくニュースになるけど、納得です。
視聴率上がる感じする!!(!)

遭難者

エベレストなどの山で遭難した人の遺体は基本的にそのままになるのだそうです。
なかなか背負って下山出来ないから、とか。
冬の間は凍結してて、夏になると雪が解けて姿が見える事があるけど、
結局はそのままになるのだそうで。
だから危険な山に登るときは覚悟を持って昇らないといけないですね。

ちょっと読み苦しいかもしれませんが、、
ミイラ化してて、だいたいは頭と身体がバラバラになっているそうですよ、
動物が運んでしまうからです。

遭難するってことは、その時の天気はよくないわけで、
その時は回収が出来ないんですね、だから放置するしかない。
そういうことも分かってて参加しないとですね。

エベレストで亡くなった人はたくさんいますけど、遭難した後に回収するために
家族や仲間がまた山に登る事はあるそうです。

映画でも遭難した日本人のことやってまして、映画ではそのまま放置のようになってましたけど、
家族が回収してちゃんと埋葬したそうなんです。

山に登るのは本当に危険ですからね、相当な覚悟で!

リンク